ジョージ・マイケルの遺作ドキュメンタリー映画、「東京国際映画祭」でジャパンプレミア決定

ジョージ・マイケルの遺作ドキュメンタリー映画、「東京国際映画祭」でジャパンプレミア決定 - Photo by Russel YoungPhoto by Russel Young

ジョージ・マイケルの『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス+MTVアンプラグド』のリリースを記念し、ジョージ・マイケル自身が監督、ナレーションも務めたドキュメンタリー・フィルム『ジョージ・マイケル:フリーダム』が、「第30回東京国際映画祭」にてジャパンプレミア上映されることが決定した。

同ジャパンプレミアは、10月28日(土)の夜に実施される「ミッドナイト・フィルム・フェス!」内で行われ、初回のプレミア上映後は、翌日29日(日)の朝までオールナイト上映が行われることになっている。

ジョージが亡くなる直前までフィルムの仕上げに励んでいたという今作には、スティーヴィー・ワンダーエルトン・ジョン、ナイル・ロジャース、マーク・ロンソンリアム・ギャラガートニー・ベネット、メアリー・J. ブライジ、リッキー・ジャーヴィス、ジェームズ・コーデン、トレイシー・エミン、ケイト・モス、ファッション・デザイナーのジャン=ポール・ゴルチェといった、各界のレジェンド達がジョージの友人として出演。

さらに“Freedom! ’90”のミュージック・ビデオに出演したスーパー・モデルたち(ナオミ・キャンベル、クリスティーターリングトン、シンディ・クロフォード、タチアナ・パティッツ、リンダ・エヴァンジェリスタ)などが名を連ねている。

(playlist:George Michael - Freedom! ’90 )

ジャパンプレミアの詳細は以下の通り。

アルバム『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス+MTVアンプラグド』の詳細は以下。

最新ブログ

フォローする