2021年版「イギリス人が一番好きな曲トップ500」が発表! ナンバー・ワンが意外な結果に

2021年版「イギリス人が一番好きな曲トップ500」が発表! ナンバー・ワンが意外な結果に

2021年版「イギリス人が一番好きな曲トップ500」が発表され、ナンバーワンの楽曲が明らかとなった。

Express」によると、「Smooth Radio」がリスナーに「一番お気に入りの曲は何ですか?」と呼びかけ、7万5000人以上が「All TIME TOP 500」に投票。その結果、ジョージ・マイケルの“Careless Whisper”がナンバーワンに選ばれたことがわかった(同曲は、厳密にはジョージ・マイケルのソロ曲だが、ワム!のセカンド・アルバム『Make It Big』にも収録)。

イギリス人が選んだ2021年版「All TIME TOP 500」のトップ10は、以下となっている。

1位:ジョージ・マイケル“Careless Whisper”

2位:クイーン“Bohemian Rhapsody”

3位:マイケル・ジャクソン“Man In the Mirror”

4位:ジョージ・マイケル“A Different Corner”

5位:マイケル・ジャクソン“Billie Jean”

6位:エド・シーラン“Perfect”

7位:イーグルス“Hotel California”

8位:ジョン・レノン“Imagine”

9位:サイモン&ガーファンクル“Bridge Over Troubled Water”

10位:ドリー・パートン&ケニー・ロジャース“Islands In the Stream”

ジョージ・マイケルはナンバー・ワンに輝いただけでなく、トップ500で17曲がランクインし、最も人気がある男性アーティストに。エルトン・ジョンとデュエットした“Don’t Let the Sun Go Down on Me”が15位で、“Father Figure”が51位、“Jesus To A Child”が60位となっている。

そして、16曲がランクインしたエルトン・ジョンがジョージに続き、3番目に多くランクインしたのがマイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー、フィル・コリンズだった。

女性アーティストは、13曲がランクインしたホイットニー・ヒューストンが一番人気で、その後にマドンナアデルセリーヌ・ディオンティナ・ターナーが続いている。

バンドでは12曲がランクインしたアバが最も多く、2番目はビージーズ、その後にテイク・ザットザ・ビートルズカーペンターズが続く結果となった。



『ロッキング・オン』最新号のご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


2021年版「イギリス人が一番好きな曲トップ500」が発表! ナンバー・ワンが意外な結果に - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする