【速報】おいしくるメロンパン、ツアー3本目。我々が知っている彼らのポテンシャルは、まだほんの氷山の一角なのかもしれない

【速報】おいしくるメロンパン、ツアー3本目。我々が知っている彼らのポテンシャルは、まだほんの氷山の一角なのかもしれない
インディーズから2作目のミニアルバム『indoor』を出したばかりなのに、渋谷クラブクアトロをソールドアウトさせてしまった、おいしくるメロンパン。初のワンマンツアーは今後も札幌、仙台、金沢、高松、福岡と各地公演が続くのでネタバレは控えるが、彼らは今回のツアーで、人々から寄せられる大きな期待に正面から応えようとしている。

恐るべき筆圧と精度で綴られた青春の心象がサウンドによってくるくると表情を変え、センスの塊である上にまだまだ伸びしろを感じさせる3人のコンビネーションがポップにスリリングに交錯する。それだけでも最高のパフォーマンスになるのだけれど、今回のツアーにはそれ以上の意味がある。

彼らに寄せられた大きな期待は、おいしくるメロンパンの表現を押さえつけていたある種のリミッターを外そうとしている。その向こう側にあるケタ違いの何かが、ひょっこりと顔を覗かせるライブだったのだ。このバンドは思っていた以上にヤバい。まじで聴けるときに聴いた方がいいし、観れるときに観た方がいいと思う。

後日公開予定のライブレポートでは、やはりネタバレを控え目にしつつ、その辺りの考察をきっちりと書いてみたい。(小池宏和)

最新ブログ

フォローする