ザ・チャレンジ、12月をもって活動休止。「チャレンジし続けるため」

ザ・チャレンジ、12月をもって活動休止。「チャレンジし続けるため」
ザ・チャレンジが、12月をもって活動を休止する。


これは結成8年目をむかえた今、改めてメンバー全員でザ・チャレンジというバンドと向きあい話しあった結果、これからもザ・チャレンジがザ・チャレンジであるために、ザ・チャレンジがチャレンジし続けるために、一度立ちどまることが必要だという結論に至ったからだという。

なおザ・チャレンジは、ワンマンツアー「LOVE♡LOVE♡LOVE♡LOVE♡LOVE♡SONG」として、11月17日(金)に大阪・梅田 Shangri-La、12月15日(金)に東京キネマ倶楽部でライブを行う。


【沢田チャレンジ コメント】
「チャレンジしてない人生なんて!」ライブの度に叫んできた、この言葉は、
みんなに投げかけているようで、自分に言い聞かせている言葉でした。
沢田チャレンジの「バンドをやりたい」という、ただの衝動から始まったこのバンドは、
無謀な夢とか、無責任な約束とか、突拍子もないやりたいこととか、
そんなことに、みんなでひとつずつチャレンジしてきたバンドです。
あんな曲を作ってみたい!こんな曲をやってみたい!ライブでこんなことをしたい!
CD出したい!フェス出たい!でっかいところでワンマンやりたい!
テレビ出たい!メジャーデビューしたい!もっと、たくさんの人と楽しいことをしたい!
そんなことを、バカみたいに全力でやっていたら、いつの間にか、ザ・チャレンジのまわりに
たくさんの人が集まるようになっていました。

しかし、そんなふうに、チャレンジをし続けることは、とても難しいことです。
短距離走のようなペースで、がむしゃらに走りはじめた僕たちも、気づいたら7年という歳月が経っていて、
ちょっと息がきれたり、いろんなことに気づいてしまったり、道を間違えたり、壁にぶち当たったり・・・
無意識のうちに長距離走のペースに走り方を変えていたように思います。

もちろん、このまま、そんな風に「いつまでも走り続ける」というチャレンジもあるかもしれません。
だけど、それじゃ僕が好きだったザ・チャレンジは、ダメになってしまう気がしたのです。
だからここで、「ザ・チャレンジ 第一章」を終わりにします。
次のストーリーを始めるために、まだまだチャレンジするために、ザ・チャレンジは活動休止します。
でも、すこし休んで、そう遠くない将来に、ザ・チャレンジは必ず戻ってきます。
安心してください、また変なことを言いだしますから。

なので、悲しまないで欲しい。もし、さみしくなったら、ザ・チャレンジの曲を聞いておくれ!
楽しかったライブを思い出しておくれ!沢チャレの写真を見ておくれ!
ザ・チャレンジはいつだって、君の中にあるから。
約束なんだ。また一緒にチャレンジしよう!いや、また一緒にチャレンジさせておくれ!

チャレンジしてない人生なんて!
本当に本当に本当に本当に本当に、ありがとう!愛してるぜ!



最新ブログ

フォローする