カート・コバーンの友人、“Blew”と“About A Girl”のギャラの金額を明かす。「当時は大金だった」

カート・コバーンの友人、“Blew”と“About A Girl”のギャラの金額を明かす。「当時は大金だった」

カート・コバーンの友人であるジョン・パーキーが、自身のYouTubeチャンネルでカートとの1989年当時の思い出を語っている。

「Kurt Cobain gets an $18.00 royalty check in the mail for Nirvana」と題された映像の中で、パーキーは“Blew”と“About A Girl”の当時のラジオ使用料が合わせて18ドル(約4000円)だったことを明かしつつ、そのギャラを以下のように使ったのだと語っている。

(18ドルという金額は)当時のカートの所持金より断然大金だったと思うよ。ポケットに5ドルとか10ドル入ってる日はラッキーだなって具合の時代だったからね。

で、僕らは(小切手を受け取って)そのまま銀行に行って換金したんだ。そのまま地元のバーに行って、ピザを食べた。(中略)それから確か、ビリヤードもやったんだったかな。楽しかったよ。良い思い出だね。



なお、パーキーは以前にもYouTubeで「カートからもらった」というデモ・テープの音源を公開していた。詳細は以下の記事より。

カート・コバーンの友人、ニルヴァーナのレア音源を公開。デイヴ・グロール加入前の音源も
ニルヴァーナの貴重なデモ音源がYouTubeで公開された。公開された4枚のデモ・テープの音源には、初代ドラマーであるチャド・チャニングがプレイしていた時代のものも含まれている。 音源を公開したのはジョン・パーキーという人物だ。「Consequence Of Sound」などによるとジ…
カート・コバーンの友人、ニルヴァーナのレア音源を公開。デイヴ・グロール加入前の音源も

「Kurt Cobain gets an $18.00 royalty check in the mail for Nirvana」はYouTubeで観ることができる。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする