カート・コバーンの友人、ニルヴァーナのレア音源を公開。デイヴ・グロール加入前の音源も

カート・コバーンの友人、ニルヴァーナのレア音源を公開。デイヴ・グロール加入前の音源も

ニルヴァーナの貴重なデモ音源がYouTubeで公開された。公開された4枚のデモ・テープの音源には、初代ドラマーであるチャド・チャニングがプレイしていた時代のものも含まれている。

音源を公開したのはジョン・パーキーという人物だ。「Consequence Of Sound」などによるとジョン・パーキーは古くからのニルヴァーナの友人とのことで、「Esquire」の特集記事でもバンドの友人としてインタビューを受けている。

YouTubeの映像には実際のデモ・テープが映っており、タイトルには「Kurt gave to me(カートが私にくれた)」と記されている。


「Consequence Of Sound」に掲載された4枚のデモ音源のリンクとトラックリストは以下の通り。

Nirvana first demo with Dale Crover that Kurt gave to me. Also Montage of Heck
0:38 – “Paper Cuts”
05:03 – “Downer”
06:53 – “Beeswax”
09:52 – “Aero Zeppelin”
14:36 – “Floyd the Barber”
17:03 – “If You Must”
21:12 – “Spank Thru”
24:57 – “Mexican Seafood”
27:06 – “Pen Cap Chew”
30:06 – “Montage of Heck”

second Nirvana demo Kurt Cobain gave me back in 1988
00:47 – “Blandest”
04:37 – “Mr. Moustache”
08:23 – “Sifting Instrumental”
13:51 – “Blew”
16:52 – “Spank Thru”
20:08 – “Love Buzz”(初期のシングル・バージョン?)
23:55 – “Big Cheese”

The Third Nirvana tape that Kurt Cobain gave me
00:00 – Intro
01:39 – “Scoff”
06:02 – “Swap Meet”
09:17 – “Blew”
12:23 – “Love Buzz”
16:11 – “About a Girl”
19:27 – “Negative Creep”
22:02 – “School”
24:50 – “Big Long Now”

The fourth Nirvana Tape Kurt Cobain gave to me.
00:00 – Intro
00:44 – “Immodium”
04:04 – “Pay to Play”
07:39 – “Sappy”
11:17 – “Polly”
14:19 – “In Bloom”
19:00 – “Lithium” (Mix 6)
23:31 – “Dive”
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする