デヴィッド・バーンが裸足で歌い踊る。米TV番組にて“Everybody’s Coming To My House”をパフォーマンス(映像有り)

デヴィッド・バーンが裸足で歌い踊る。米TV番組にて“Everybody’s Coming To My House”をパフォーマンス(映像有り)

3月9日に14年ぶりとなるソロ・アルバム『アメリカン・ユートピア』をリリースしたデヴィッド・バーンが、米TV番組「The Late Show with Stephen Colbert」に出演し、同新作収録のナンバー“Everybody’s Coming To My House”のパフォーマンスを披露した。

バックバンド、コーラス隊含めた全員がグレーのスーツと裸足という出で立ちで披露されたパフォーマンスには、番組のホストを務めるスティーヴン・コルベアも参加している。



ソロ・アルバムとしては14年ぶりとなる『アメリカン・ユートピア』にはブライアン・イーノワンオートリックス・ポイント・ネヴァーサンファなどといったアーティストらが参加している。

デヴィッド・バーンは先日、今回のアルバムで女性アーティストとのコラボレーションを試みなかったことを後悔していると明らかにしていた。

デヴィッドは女性が無意識的にも排除されていく構造が音楽業界の問題点でもあると指摘しており、「今度の新作ではぼくが女性のミュージシャンを招集したり、女性アーティストとのコラボレーションをしたりしなかったことを後悔しています。そうなってしまったことは馬鹿馬鹿しすぎるし、ぼくはそういう人間ではないし、これまでの仕事の仕方もそういうものではなかったからです」と説明している。

新作『アメリカン・ユートピア』の日本盤は4月25日にリリースされる予定だ。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする