SOIL&”PIMP”SESSIONS、新アルバムに三浦大知の参加が決定

  • SOIL&”PIMP”SESSIONS、新アルバムに三浦大知の参加が決定 - SOIL&”PIMP”SESSIONS×三浦大知

    SOIL&”PIMP”SESSIONS×三浦大知

  • SOIL&”PIMP”SESSIONS、新アルバムに三浦大知の参加が決定 - 『DAPPER』初回盤

    『DAPPER』初回盤

  • SOIL&”PIMP”SESSIONS、新アルバムに三浦大知の参加が決定 - SOIL&”PIMP”SESSIONS×三浦大知
  • SOIL&”PIMP”SESSIONS、新アルバムに三浦大知の参加が決定 - 『DAPPER』初回盤
SOIL&”PIMP”SESSIONSが5月9日(水)にリリースする約2年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『DAPPER』(読み:ダッパー)に、フィーチャリングボーカリストとして、三浦大知を迎える。

アルバム『DAPPER』には全14曲(インタールード1曲を含む)を収録。今作では多数のアーティストを迎えることがすでに発表されているが、第1弾として、TBS系ドラマ『ハロー張りネズミ』の主題歌“ユメマカセ”でフィーチャリングボーカリストとして迎えたRADWIMPSの野田洋次郎、そして、EGO-WRAPPIN’、Awich, Shun Ikegai(yahyel) & Kiala Ogawa(Kodäma)、Nao Kawamuraの計5組が発表されていた。

この度発表となったのは、三浦大知。かねてから音楽的親交の深い両アーティストであるが、今回の参加はソイルからの熱烈なオファーで実現したという。楽曲のタイトルは“comrade feat. 三浦大知”(読み:コムラッド フィーチャリング ミウラダイチ)で、仲間や同志を意味するとのこと。作曲はソイルの社長が担当し、作詞は三浦が行った。

さらに、同曲が4月15日(日)のJ-WAVE(81.3FM)『SAISON CARD TOKIO HOT 100』生放送内で初オンエアされることも決定した。

また、アルバム『DAPPER』のCDショップチェーン別特典が発表された。タワーレコード全国各店、タワーレコードオンラインではオリジナルクリアファイル、HMV全国各店、HMV&BOOKS onlineではオリジナルポストカードセット、TSUTAYA RECORDS全国各店、TSUTAYAオンラインショッピングではオリジナルステッカー、Amazon.co.jpではオリジナルブックマーカー、Rakutenブックスではオリジナルカレンダーがそれぞれプレゼントされる。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする