エルトン・ジョン、エド・シーランに人生のアドバイス。「人気のサイクル」との付き合い方を伝授

  • エルトン・ジョン、エド・シーランに人生のアドバイス。「人気のサイクル」との付き合い方を伝授
  • エルトン・ジョン、エド・シーランに人生のアドバイス。「人気のサイクル」との付き合い方を伝授
  • エルトン・ジョン、エド・シーランに人生のアドバイス。「人気のサイクル」との付き合い方を伝授
  • エルトン・ジョン、エド・シーランに人生のアドバイス。「人気のサイクル」との付き合い方を伝授

エルトン・ジョンがシンガー・ソングライターのジョージ・エズラのポッドキャスト番組に出演し、自身が運営しているマネジメント会社にかつて所属していたエド・シーランに、「絶頂期は永遠には続かない」と人生のアドバイスを告げていたようだ。

エドはこれまでエルトンのマネジメント会社Rocket Musicに所属していたが、今年に入ってから担当マネージャーのStuart Campが独立したため、エドもマネージャーとともに会社から離れることになったことが「Billboard」などで報じられていた。

「NME」によれば、同ポッドキャストに出演したエルトンはエドにアドバイスしたという成功との付き合い方について、以下のように語ったという。

人には絶頂期というものがあって、それが落ち着く時期があるんだ。そうなったら、絶頂期はもう二度と取り返せないものなんだよ。

僕自身は、絶頂期がいったん終わって、その後はもう自分の曲が毎回ナンバー・ワンになるわけじゃないんだなと理解するだけの常識は持ち合わせてた。自分の立ち位置が誰かに取って代わられることになるのは分かってたんだよ。そういうサイクルになっているものだからね。

エドもこれからこの経験をすることになるわけだし、その話は彼にもしたよ。「こういうこと(リリースの度にトップになること)が起きなくなる時期がいずれくるだろうし、それはそれで受け入れていかなきゃならないんだよ」って話したんだ。


また、エルトンは『÷(ディバイド)』のリリースから1年以上経っても同作が米ラジオチャートでいまだに人気を博していることに驚いていると以下のようにもコメント。

すごく中道的なアメリカのラジオのチャートでもエドはまだ1位にいるし、“Shape of You”もまだチャート・インしているんだよね。一体、どれだけ聴けば満足するのって感じだよ。



なお、エルトンは『x(マルティプライ)』の後に休暇を取るようエドに勧めたことを昨年「Rolling Stone」に明かしており、次のように語っていた。

もうどこを向いてもエドがいる感じだったから、「エド、さすがにこのぼくでももう飽き飽きしてきたよ。ちょっと姿を消した方がいいよ」と言ったんだ。そうしたらそうしたんだよ。彼女と一緒に極東の方に行って、すごく楽しんで、すっかり太って、たくさんいろんなものを食べて帰ってきたんだ。

旅に出る前にひとつだけ言っておいたのは「太って帰って来ちゃだめだよ」っていうことでね。というのも、エドはぼくと同じですごく太りやすい体質だからなんだ。で、太って帰って来たんだけど、アルバム制作に入ってその分の体重を全部落したんだ。ふらっといなくなって、すっかり楽しんで来たんだよ。


エルトンは自身にとって最後のツアーになると銘打ったワールドツアー「Farewell Yellow Brick Road」に9月から乗り出すことになっており、2021年まで世界各地を回る予定だ。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする