トラヴィスのフラン・ヒーリー、かつてリアムを泣かせたことがある? 「曲をやり終えて彼の顔を見たら、涙が伝ってた」

トラヴィスのフラン・ヒーリー、かつてリアムを泣かせたことがある? 「曲をやり終えて彼の顔を見たら、涙が伝ってた」

トラヴィスのフラン・ヒーリーが自身のライブ中にリアム・ギャラガーとの思い出について語り、かつてフランが歌ったある曲によってリアムを泣かせたことがあると明かした。

これは6月12日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたトラヴィスの最新ライブでの一コマだ。「NME」によると、フランは『ザ・マン・フー』(1999)収録のナンバー“Luv”を演奏する前に、次のようにこの曲とリアムについての思い出を語っていたという。

僕たちは1997年に、オアシスの『ビィ・ヒア・ナウ』ツアーのサポートを務めていたんだ。それってまるでザ・ローリング・ストーンズのサポートをするような経験だったんだよ、何しろ当時のオアシスは本当にビッグだったから。

ある時僕がバックステージを歩いていたら、リアムがそこで丸まって座ってたんだ。そしたら彼が「こっち来いよ」って言うから行ったら、「何か曲をやってくれ」って言われて。

本当に緊張したよ。それで僕はギターを手にとって、これからやる次の曲(“Luv”)を弾いたんだ。緊張しすぎて、歌っている間リアムの顔も見ることができなかったよ。それで曲をやり終えて彼の顔を見たら、彼の顔に涙が伝ってたんだ。



トラヴィスは現在、『ザ・マン・フー』の全曲再現ツアーを行なっている。この日のセットリストは以下。

Writing to Reach You
The Fear
As You Are
Driftwood
The Last Laugh of the Laughter
Turn
Why Does It Always Rain on Me?
Luv
She’s So Strange
Slide Show
Blue Flashing Light
Love Will Come Through
Last Train
Good Feeling
Side
Re-Offender
Closer
My Eyes
Flowers in the Window
All I Want to Do Is Rock
Sing
Encore:
…Baby One More Time (Britney Spears cover)
Happy
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする