リアム・ギャラガーやリリー・アレンら、W杯のイングランド敗北にコメント。「ちゃんとした監督がいてくれたことが何より」

リアム・ギャラガーやリリー・アレンら、W杯のイングランド敗北にコメント。「ちゃんとした監督がいてくれたことが何より」

7月12日に行われたW杯準決勝でのイングランドの敗北を受け、リアム・ギャラガーリリー・アレンウルフ・アリスらがSNSにコメントを投稿している。

イングランドのサポーターである彼らのツイートは以下。

リアム・ギャラガー
「イングランドは最高だったぜ。何が良かったって、ガレス・サウスゲートっていうちゃんとした監督がいてくれたことが何よりだよな」

リリー・アレン
「(イングランドの応援歌“Three Lions”の歌詞をもじって)戻って来なかった」

ウルフ・アリス
「負けたけどそれでも良い日よ」

「愛してるわチームのみんな」

「ガレス・サウスゲートを英首相に」

ウィル・アイ・アム
「イライラしてるし、もどかしい気分だ……今から、ビーガン・フードを怒りを込めつつ激しく貪ってやるつもりさ。イライラのあまり、ブロッコリーを強く噛みすぎて顎が割れるかもね。イングランドが負けるなんてさ……勝てた試合だよ……あーーー!!!」

エリー・ゴールディング
「心がズタズタ……でもとっても美しい試合だったわ。誇りに思う!」

ジェームズ・コーデン
「(イングランドの応援歌“Three Lions”の歌詞をもじって)いつか戻ってきてくれる日が来るさ。そしてその時には、ものすごく良い気分になれるだろうね」


なお、日本時間本日23時より、イングランドはベルギーを相手に3位決定戦に挑む予定となっている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする