デヴィッド・ボウイ、80年代のキャリアを総括するボックス・セット『ラヴィング・ジ・エイリアン』が10月にリリース決定!

デヴィッド・ボウイ、80年代のキャリアを総括するボックス・セット『ラヴィング・ジ・エイリアン』が10月にリリース決定!

80年代のデヴィッド・ボウイの音源をまとめた新たなボックス・セット『ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988]』が、10月21日にリリースされることが明らかになった。

本作には、1987年に発表された『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』の最新リマスターが収録され、マリオ・マクナルティがプロデュースを担当。ストリングスのアレンジはニコ・マーリーが務めたほか、ローリー・アンダーソンが“Shining Star (Makin’ My Love)”にゲスト参加している。

また、本作には最新リマスターが施された『レッツ・ダンス』、『トゥナイト』のほか、1983年にモントリオールで録音された未発表のライブ・アルバム『シリアス・ムーンライト』、初のアナログ化となる未発表ライブ・アルバム『グラス・スパイダー(ライヴ・モントリオール ‘87)』も収められるという。

さらに、B面曲や『ラビリンス/魔王の迷宮』、『ビギナーズ』、『風が吹くとき』などのサントラ収録曲などを収録したレア楽曲集『リ・コール4』も収録される。

なお、各ボックス・セットには、これまであまり目にする機会のなかった、もしくは未発表となっていたデニス・オリーガン、グレッグ・ゴーマン、ハーブ・リッツなどの写真家たちが撮影したボウイの写真が掲載されたブックレットが同梱される。

このブックレットには、ナイル・ロジャースやヒュー・パジャム、マリオ・マクナルティ、ジャスティン・シャーリー・スミスといったプロデューサー/エンジニアによる制作ノートや、当時のプレス・レビューなどが掲載される予定だ。

なお、同ボックス・セットは11枚組CDボックス、15枚組LPボックス、そしてデジタル配信という3形態でリリースされる。

  • デヴィッド・ボウイ、80年代のキャリアを総括するボックス・セット『ラヴィング・ジ・エイリアン』が10月にリリース決定!  - 11枚組CDボックス

    11枚組CDボックス

  • デヴィッド・ボウイ、80年代のキャリアを総括するボックス・セット『ラヴィング・ジ・エイリアン』が10月にリリース決定!  - 15枚組LPボックス

    15枚組LPボックス

  • デヴィッド・ボウイ、80年代のキャリアを総括するボックス・セット『ラヴィング・ジ・エイリアン』が10月にリリース決定!  - 11枚組CDボックス
  • デヴィッド・ボウイ、80年代のキャリアを総括するボックス・セット『ラヴィング・ジ・エイリアン』が10月にリリース決定!  - 15枚組LPボックス

リリース情報は以下。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする