【追悼デヴィッド・ボウイ】逝去から2年。マドンナやロードらの追悼カバーで69年の生涯を偲ぶ

【追悼デヴィッド・ボウイ】逝去から2年。マドンナやロードらの追悼カバーで69年の生涯を偲ぶ - pic by JIMMY KINGpic by JIMMY KING

2016年の今日、デヴィッド・ボウイが1年半にわたるガンの闘病の末にその生涯を閉じた。その2日前に69歳の誕生日を迎えたばかりでの出来事だった。

デヴィッド・ボウイの死から2年となる今日、本記事にてマドンナロードレディー・ガガなどアーティストらによる追悼パフォーマンスの一部を映像と共に紹介する。



マドンナ
テキサス州ヒューストンでのライブ中に追悼のカバーを行ったマドンナ。「彼は、人と違っても良いんだと私に教えてくれた」というコメントが印象的だ。


レディー・ガガ
2016年のグラミー賞での一幕。ボウイにインスパイアされた出で立ちで現れたガガは“Life On Mars?”と“Heroes”のパフォーマンスを行った。ガガはボウイへの敬愛の念を示し、ボウイの顔を模したタトゥーを入れていることでも知られている。


ロード
2016年のブリット・アワードで追悼パフォーマンスを行ったロードは、“Life On Mars?”のカバーを披露した。10分46秒辺りからロードのパフォーマンスを見ることができる。


アーケイド・ファイア
アーケイド・ファイアはボウイの死後数日後に、ニューオーリンズにて追悼パレードを行った。バンドはこのパレードを行う前、「最もボウイらしい格好、またはそれより変な格好で集合するように」とファンへのアナウンスを行っていたという。


ボウイ追悼にスゴい人!アーケイド・ファイア主催のジャズ・フューネラルが開催
アーケイド・ファイアがボウイのジャズ・フューネラル”Pretty Things"を行った。 1月15日4時にニューオリンズのプリザベーション・ホール集合で、プリザベーション・ホール・ジャズバンドと、街を練り歩くセカンド・ラインと呼ばれるものを行ったのですが……。 アーケイド・ファイアのファ…
ボウイ追悼にスゴい人!アーケイド・ファイア主催のジャズ・フューネラルが開催

デュラン・デュラン
追悼として生前のボウイとの映像を公開したデュラン・デュラン。バンドのYouTubeチャンネルに公開された映像には、終始笑顔のボウイと語らう姿が映っている。




以下の記事より、2016年当時に掲載したボウイの追悼記事の数々を見ることができる。

追悼 デヴィッド・ボウイ 1947-2016
1月10日、デヴィッド・ボウイががんのため急逝しました。 18ヶ月に亙って闘病を続けていたというデヴィッドは、今月8日に69回目の誕生日を迎え、同日3年ぶりのニュー・アルバム『★』(ブラックスター)をリリース、さらに2017年春に大回顧展『David Bowie is』を日本開催する…
追悼 デヴィッド・ボウイ 1947-2016 - pic by Jimmy King
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする