吉本坂46、12月にデビューシングル『泣かせてくれよ』を発売

吉本坂46、12月にデビューシングル『泣かせてくれよ』を発売
吉本坂46が、メジャーデビューシングル『泣かせてくれよ』を12月26日(水)に発売する。

今作品では、表題曲を歌う選抜メンバーに、Wセンターの斎藤司(トレンディエンジェル)、小川暖奈(スパイク)をはじめとして、遠藤章造(ココリコ)、河本準一(次長課長)、ゆりやんレトリィバァなど16人が選出された。

選抜メンバー以外の30人も、それぞれ個性溢れる4つのユニットを結成。ダンス中心となる若手メンバーのユニット、ベテラン女性4人を中心に据えたユニット、個性豊かな3人で組んだユニット、村上ショージを中心としたユニットの4つとなる。

通常盤のジャケットには、メンバー46人それぞれの顔写真が共通のレイアウトでデザインされており、合計46品盤が発売される。

同シングルの映像盤には、4曲+オフヴォーカルバージョン4曲の計8曲を収録。さらにDVDには表題曲“泣かせてくれよ”と若手ユニット楽曲のミュージックビデオ2曲を収録している。

また、握手会も予定されており、映像盤(初回仕様限定盤)と通常盤(初回仕様限定盤)共にイベント参加券が封入されている。詳細は後日発表されるとのこと。

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする