ウィーザー、脳の手術中に“Island In The Sun”を歌っていたという19歳のファンをツアーに招待

ウィーザー、脳の手術中に“Island In The Sun”を歌っていたという19歳のファンをツアーに招待

『The Black Album』のリリースを控えるウィーザーが、脳の手術中に“Island in the Sun”を歌っていたというファンを来春に開始されるツアーのライブに招待したことが明らかとなった。

「NME」によると、ウィーザーのライブに招待されたのはKira Iaconettiという、ミュージカルに出演したこともありミュージシャン志望だという19歳の女性。

彼女は音楽を聴いたり演奏すると発作を起こす、癲癇(てんかん)の一種を患っていると診断されたのことだ。

彼女を診断した医師は部分麻酔で開頭術を施し、覚醒中にKiraさんが歌うことで脳のどの部分が使われているかを確認し、癲癇を治せるのではないかと判断したという。

そしてKiraさんが手術中に歌ったのが、2001年にリリースされたウィーザーの“Island In The Sun”。曲のタイトルが彼女の誕生地であるハワイを思い起こさせ、「I can't control my brain(自分の脳をコントロール出来ない)」との歌詞が登場するため、この曲を選んだそうだ。


その後にKiraさんのニュースがメディアに取り上げられ、同報道を見たウィーザーのメンバーが、「早く回復することを祈ってるよ! 春のツアーに来てほしい。DMを送って。実現させよう」とTwitterに投稿。

Kiraさんの手術は無事に成功したとのことで、手術の48時間後にはギターを弾きながら歌っていたと報じられている。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする