稲垣吾郎、約14年ぶりソロシングル曲は川谷絵音が作詞作曲「“天才”を感じました」

稲垣吾郎、約14年ぶりソロシングル曲は川谷絵音が作詞作曲「“天才”を感じました」
稲垣吾郎の約14年ぶりとなるソロシングル曲“SUZUNARI”が、12月21日(金)よりデジタル配信リリースされる。

同曲は、自らが主演を務めるAmazon Prime Videoでの新番組シチュエーションバラエティードラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』の主題歌で、川谷絵音が作詞作曲を手掛けたバラード曲とのこと。


【稲垣吾郎コメント】
僕をイメージしてつくってくださったこともあり自分の言葉のようにすんなり入ってきて自然と歌えました。どうして僕のことをこんなにわかってくれているの?と思うほどで“天才”を感じました。

川谷さんならではの世界観と僕がもともと持っている雰囲気がすごくうまく混ざり合って新しいものが生まれたと思います。「SUZUNARI」というタイトルもとても気に入りました。川谷さんのおっしゃるとおり多くの方に響かせていきたいと思います。

【川谷絵音コメント】
この斬新なドラマに主題歌を提供できたのは誇りです。それを主演の稲垣さんがソロで歌ってくれるというのも光栄で、音楽があればいつか必ずまた繋がれると確信できました。ドラマの主題歌という枠を超えて「SUZUNARI」が特別な曲になることを願っています。


ドラマの独占配信は12月7日(金)より全10話が一挙配信される。本シリーズのタイトル『東京BTH』のBTHはBLOOD TYPE(血液型) HOUSEの略で、稲垣吾郎演じるO型のIT社長・ゴロー、要潤演じるA型の整体師・ジュン、勝地涼演じるAB型の花屋・リョウの3人が住むシェアハウスを舞台に、血液型をテーマにしたトークを繰り広げるシチュエーションバラエティドラマ。鈴木おさむ氏が企画・脚本を手掛ける本シリーズは、シェアハウスというリラックスした空間で、それぞれの血液型における性格の違いや“あるある”なエピソードが展開されてゆくという。

稲垣吾郎、約14年ぶりソロシングル曲は川谷絵音が作詞作曲「“天才”を感じました」 - (C)2018東京BTH製作委員会(C)2018東京BTH製作委員会
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする