ジェリー「まだスペシャルズに復帰できるチャンスはあると思ってる」

元ザ・スペシャルズのメンバーで、バンドの創立者/ソングライターであったジェリー・ダマーズが、メンバーと和解し、将来スペシャルズに復帰したいと希望していることがわかった。

スペシャルズは、1995年に一度再結成を果たしているが、その際、ジェリーと、ボーカルのテリー・ホールは省かれていた。

そして昨年、スペシャルズは2009年の再結成を発表。今回は、テリーが含まれているものの、またしてもジェリーの名前はなかった。彼らは、来月単独ライブを控えているほか、T イン・ザ・パーク、オキシジェン、Vフェスティバル、日本のサマーソニック09などの夏フェス出演も決まっている。

彼が執筆したコラムによると、真相はこうだという。
「再結成にあたって開かれたミーティングに、僕は呼ばれもしなかったんだよ。ドラマーのジョンが教えてくれなかったら、まったく知らないままだった。そのミーティングでは、(テリー・ホール抜きで)リハーサルを始めようってことで落ち着いたんだ。

だけど、ミーティングの数日後、ギタリストのリンヴァル・ゴールディングから電話があって、『ローリング・ストーンズの(元ベーシスト)ビル・ワイマンのように』僕は必要ないと言ったんだ。でも、テリーのマネージャーは、僕が省かれたミーティングの日にちなどを教えてくれた。リハーサルは2回だけ行くことが出来たけど、それ以外は僕抜きでも行われていたみたいだ。参加できたうちの1回は、4人しか来なかったよ」

また、テリーの「デイヴは(イギリスの)リコー・アリーナでライブをしたいそうだが、ツアーには出たくないと言っていた」という発言に、デイヴは反論。

「僕が本当に言ったことはこうだ。もし、リハーサルがうまくいけば、いくつかロンドンで大きなライブをやったあとに、リコー・アリーナでやりたい、と。その後の予定は、ただ空白にしただけで、ツアーに出たくないとは言っていないよ。

僕は、スペシャルズの歴史や伝説を守り続けたいんだ。あの当時のステータスや、政治的な影響力を受け継いで、質の高いライブやレコーディングをしたかったんだ。懐かしいだけの、陳腐な再結成をして、小さいライブをこまごまとやるのは嫌だったんだよ。

そしたらジョンが、リコー・アリーナでやりたいっていう希望を却下して、僕は再結成のメンバーから省かれたんだ。それ以来一言もしゃべってくれない。2008年は一度もしゃべってないと思う。

だけど、こんなことになりながらも、僕はまだスペシャルズに復帰できると思っているし、メンバーとも和解できると思っているよ」

(c) NME.COM / IPC Media 2008/ 2009

最新ブログ

フォローする