グレタ・ヴァン・フリート、ジョシュの喉頭炎が原因でオーストラリア・ツアーを一部キャンセル

グレタ・ヴァン・フリート、ジョシュの喉頭炎が原因でオーストラリア・ツアーを一部キャンセル

現在オーストラリア・ツアー中のグレタ・ヴァン・フリートが、ボーカルのジョシュ・キスカが咽頭炎を発症した為、公演の一部をキャンセルしたことが分かった。

「Blabbermouth」が報じるところによると、バンドは現地時間2月2日のシドニー公演を終えた後、翌日のブリスベン公演を中止していたという。バンドはその後に残りのオーストラリアでの公演のキャンセルを発表したとのこと。

この件に関してはジョシュ自身から声明が発表されており、それによるとバンドは「このキャンセルの埋め合わせをするために、(オーストラリアに)戻ってくる準備を始めている」といい、その告知は「間もなく」ファンに届けられるという。


グレタ・ヴァン・フリートは今月発表される第61回グラミー賞において、新人賞を含む4部門にノミネートされている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする