ジョニ・ミッチェル、昨年行われた生誕75周年オールスター・トリビュート・コンサートがライブALとしてリリース決定!

ジョニ・ミッチェル、昨年行われた生誕75周年オールスター・トリビュート・コンサートがライブALとしてリリース決定!

ジョニ・ミッチェルの75歳の誕生日を祝し、2018年11月6日、7日にロサンゼルスのThe Music Centerで行われたトリビュート・コンサート「Joni 75~ジョニ・ミッチェル・バースデイ・セレブレーション」だが、同コンサートより厳選された全16曲を収録したアルバムがリリースされることが決定した。

コンサートには、ジェイムス・テイラー、グラハム・ナッシュ、クリス・クリストファーソン、ノラ・ジョーンズ、ダイアナ・クラール、チャカ・カーン、エミルー・ハリス、ラ・マリソウル、ブランディ・カーライル、シールルーファス・ウェインライト、グレン・ハンザードなどが出演し、ジョニの楽曲を披露したという。

なお、同アルバムのプロデュースは、1995年からジョニのアルバムやツアーにも参加しているブライアン・ブレイドとジョン・カウハードが手掛けている。

3月8日にデジタル配信される同作品だが、4月3日にリリースされる日本盤CDのボーナス・トラックには、ダイアナ・クラールによる“For The Roses(邦題:バラにおくる)”が収録されるとのこと。

リリースの詳細は以下。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする