MAN WITH A MISSION、阪神甲子園球場ライブ映像作品を4月にリリース

MAN WITH A MISSION、阪神甲子園球場ライブ映像作品を4月にリリース
MAN WITH A MISSIONが、4月24日(水)に映像作品第6弾『Wolf Complete Works Ⅵ ~Chasing the Horizon Tour 2018 Tour Final in Hanshin Koshien Stadium~』をリリースする。

同映像作品は、2018年11月17日に行われた、バンド史上最多動員数の4万5000人を記録した阪神甲子園球場でのツアーファイナルワンマン公演の模様が映像化されたもの。DVD初回生産限定盤とBlu-rayには、ライブ中盤では毎回お馴染みの「ミッション動画」が2本収録される。なお、今回は某有名ラッパーが出演するという。

あわせて、会場でライブを観られなかったファンのために、特別に当日の臨場感を味わえる「阪神甲子園球場メモリアルパック」がSony Music Shopで数量限定・期間限定で販売されることが決定した。こちらは3月13日(水)23:30までの限定販売となり、甲子園でのライブ開催時に販売されていた映像商品と同時購入することにより、6,500円(税込)相当のMAN WITH A MISSIONのグッズが4,500円(税込)で映像商品とともに入手できる。

内容としては野球のユニフォームに見立てたユニフォーム型ブランケット、デイリースポーツ作成のMWAM号外、缶バッジとステンシルステッカー、もしくはリストバンドを含んだ1,000円(税込)分相当の商品いずれか1点がつく。さらにはMWAMジェット風船が2個ランダムでオマケとして付属する。

MAN WITH A MISSION、阪神甲子園球場ライブ映像作品を4月にリリース
また、対象店舗での購入者特典として、阪神甲子園球場公演終盤にも出てきた狼型紙吹雪デザインのオリジナルステッカーのプレゼントも決定している。

MAN WITH A MISSION、阪神甲子園球場ライブ映像作品を4月にリリース - オリジナルステッカーオリジナルステッカー
そのほか、最新シングル曲“Left Alive”が本日2月28日に全世界配信スタートした。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする