ミューズのマシュー・ベラミー、エド・シーランに感化されたと語る。 「ループ・システムにかなり興味がある」

ミューズのマシュー・ベラミー、エド・シーランに感化されたと語る。 「ループ・システムにかなり興味がある」

昨年11月にニュー・アルバム『シミュレーション・セオリー』をリリースしたミューズだが、フロントマンのマシュー・ベラミーが、エド・シーランに与えられた影響について語っていることが分かった。

「Guitar World」のインタビューを報じた「NME」によると、マシューはエドがライブ中に披露するループペダルに感化されたのだと、次のようにコメントしていたという。

エド・シーランがやってるループ・システムに、かなり興味があるんだ。これまでに試したことなかったけど、やってみたいね。

特に今は、ギターのサウンドを合成させる技術があるから手を付けてないけど、いつかはループ・サウンドの触りをもっと模索して、実験したいなと思ってる。



さらにマシューは、『シミュレーション・セオリー』の制作過程についても述べている。

アルバム制作はのんびりと飛び飛びで進んで、スタジオに2~3ヶ月こもって作った他のアルバムとは違った。

去年に1年以上かけて、あちこちで少しずつ制作を行ったんだ。ほとんど1曲ずつ仕上げていったんだけど、なかなか楽しめたよ。だって、締め切りなんかを心配せずに制作パターンを崩せたから、プレッシャーを感じずにもっと自由を感じれたからね。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする