くるり新曲“SAMPO”が主題歌、岸田繁が音楽全編作曲。アニメ『リラックマ』本予告公開

くるり新曲“SAMPO”が主題歌、岸田繁が音楽全編作曲。アニメ『リラックマ』本予告公開

Netflixが、4月19日(金)より全世界独占配信するNetflixオリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』の本予告が本日公開。その中で音楽の全編作曲を岸田繁が担当し、くるりの新曲“SAMPO”が主題歌に起用されることが発表された。

岸田は来週3月27日(水)に、自身が制作し、広上淳一指揮、京都市交響楽団演奏による『岸田繁「交響曲第二番」初演』をリリース。くるり名義としては昨年9月にリリースされたアルバム『ソングライン』以来、半年ぶりの新作となる。

なお、昨年6月にアルバム『ソングライン』を完成後、4ヶ月の間で「交響曲第二番」と今作の劇伴を完成させたという。

『リラックマとカオルさん』は、多部未華子主演、小林雅仁監督、荻上直子脚本、岸田繁音楽による、リラックマ初のストップモーションアニメ。毎日一生懸命な人へ送る、がんばることを忘れる10分間となる。


【岸田繁 コメント】
――オファーを受けた時の感想は?
お仕事をいただけて光栄でした。スタッフさん達も、熱のこもっている方々だったので、良い温度感を作品に持ち込んで、私の仕事が上手くハマれば良いなと思いました。

――リラックマをご存知でしたか?
はい。シンプルで愛らしいのに、シンメトリックでクールな印象を持っていました。物語のなかで、少し印象が変わりました。

――楽曲制作にあたって意識したことや、チャレンジしたことは?
リラックマたちの動きに合わせたリズムや、全体的にのんびりとしたムードを作ることを意識しました。作り込み過ぎず、一筆書きを意識してモチーフをさっさかと作っていきました。人形を使ったストップモーションアニメということで、アナログ的なものと、最新の技術の融合を、劇中音楽の中でも追随しました。ウクレレやギターの音なんかも、敢えて生楽器を使わずにプログラミングで作っています。

――これから作品をご覧になる皆さんへ、メッセージをお願いします
どのシーンも、ほんのり心に織り目があることに気付くような、人肌感のある物語になっていると思います。
カオルさんのアッサリとしたキャラクターと、季節感あふれる物語のシーンに、見ている人たちも引き込まれるのではないでしょうか。



『リラックマとカオルさん』予告編
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする