アジカン、“スリープ”MV公開。「新時代の胎動」をコンテンポラリーダンスで表現

アジカン、“スリープ”MV公開。「新時代の胎動」をコンテンポラリーダンスで表現

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲“スリープ”のミュージックビデオが公開された。


同MVは、彼らの全国ツアー「ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019 『ホームタウン』」のスタートを記念したものとのこと。今作はディレクターを大島潤が務め、ダンサー・振付家の三東瑠璃が、歌詞からインスピレーションを受けたというコンテポラリーダンスを披露している。後藤正文(Vo・G)は、今年2月に三東瑠璃を中心としたユニットCo. Ruri Mitoの舞台『MeMe』の音楽制作を担当しており、それをきっかけに今回のコラボレーションが実現されたという。

なお、“スリープ”は去年発売されたアルバム『ホームタウン』の初回生産限定盤付属CD『Can’t Sleep EP』に収録されており、後藤正文とフィーダーのグラント・ニコラスとの共作。また、今年公開される上白石萌音×山崎紘菜W主演の映画『スタートアップ・ガールズ』の主題歌に決定している。

  • アジカン、“スリープ”MV公開。「新時代の胎動」をコンテンポラリーダンスで表現 - 『ホームタウン』初回生産限定盤

    『ホームタウン』初回生産限定盤

  • アジカン、“スリープ”MV公開。「新時代の胎動」をコンテンポラリーダンスで表現 - 『ホームタウン』通常盤

    『ホームタウン』通常盤

  • アジカン、“スリープ”MV公開。「新時代の胎動」をコンテンポラリーダンスで表現 - 『ホームタウン』初回生産限定盤
  • アジカン、“スリープ”MV公開。「新時代の胎動」をコンテンポラリーダンスで表現 - 『ホームタウン』通常盤

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする