名前を変えた7組のバンドをご紹介! ジョイ・ディヴィジョン、ピンク・フロイド、レディヘは元々どんなバンド名だった?

名前を変えた7組のバンドをご紹介! ジョイ・ディヴィジョン、ピンク・フロイド、レディヘは元々どんなバンド名だった?

バンドを象徴する名前は重要かつ簡単に変えられるものではないが、「Radio X」が「バンド名を途中で変えた人気ロックバンド」をまとめているので紹介したい。

ジョイ・ディヴィジョン(元:Warsaw)

イアン・カーティスをフロントマンに据えたマンチェスター出身のバンドは、デヴィッド・ボウイのアルバム『ロウ』の収録曲“Warszawa(ワルシャワの幻想)”にちなんで、バンドをWarsawと命名。この名前で初EPを録音したが、ロンドンのバンドWarsaw Paktと混同されることがあり、 ジョイ・ディヴィジョンに改名された。


レディオヘッド(元:On a Friday)

1985年にオックスフォードシャー州アビングドンで、レディオヘッドの前身となるOn a Fridayというバンドが結成、リハーサルを行った曜日にインスパイアされこのバンド名になったとか。その6年後にEMIを契約する時にバンド名を変えるよう要求され、トーキング・ヘッズのアルバム『トゥルー・ストーリーズ』に収録されている曲“Radio Head”から取って名前を変更した。


オアシス(元:The Rain)

もともとバンドは、ザ・ビートルズのシングル『Paperback Writer』のB面曲から取られたThe Rainという名前だった。シンガーがリアム・ギャラガーに交代した後もバンド名は変わらなかったが、ノエルが参加した後に、ノエルがインスパイラル・カーペッツのツアークルーだった時に訪れた、スウィンドンにある 「Oasis Leisure Centre」にちなんでオアシスと命名された。


レッド・ツェッペリン(元:The New Yardbirds)

1968年にジミー・ペイジがロンドンのロックバンド、ヤードバーズを新ラインナップを続行しようとした時に、前身バンドの名声にあやかり 「The New Yardbirds」と名づけようとしたという。しかし、契約上の問題で新しいバンド名を探さざるを得なくなり、ザ・フーキース・ムーンが言った、「企業全体が訛りの気球のように落下する」といった言葉にインスピレーションを受け、レッド・ツェッペリンに改名された。


ピンク・フロイド(元:The Tea Set)

1964年にThe Tea Setになるまでに、MeggadeathsやThe Screaming Abdabs、Leonard's Lodgersやthe Spectrum Fiveといった具合に名前をコロコロ変えていたが、1965年の終わりにThe Pink Floyd Soundに落ち着いたのだという。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(元:Tony Flow And The Majestic Masters Of Mayhem)

1983年にハリウッドで初ギグを行った際、「Tony Flow And The Majestic Masters Of Mayhem」というバンド名で演奏。ライブが成功して次の出演も頼まれ、名前を(少し短い)レッド・ホット・チリ・ペッパーズに変更した。


ザ・ビートルズ(元The Quarry Men)

The Quarry Menというバンド名は、ジョン・レノンが通っていたリバプールの学校Quarry Bank Schoolに由来している。メンバーがジョンとポール・マッカートニージョージ・ハリスンに落ち着き始めた頃に、Johnny And The MoondogsやThe Silver Beatlesといった名前でライブをするようになったが、バディ・ホリー&ザ・クリケッツへのオマージュとして、1960年にザ・ビートルズと決定されたという。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする