クイーン、保有する総資産額が「クイーン」を上回る

クイーン、保有する総資産額が「クイーン」を上回る

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が世界的な大ヒットとなったクイーンのメンバーが保有する総資産額が英エリザベス女王を上回り、実際の「クイーン」を超えたことが明らかとなった。

Ultimate Classic Rock」によると、「Sunday Times」による2019年版英国長者番付「Sunday Times Rich List」でクイーンの総資産額が4億4500万ポンド(約640億円)となり、エリザベス女王の3億7500万ポンド(約540億円)を上回ったという。

今回の統計では長者番付の条件が変更となり、クイーンのメンバーの資産に大きな貢献を果たした映画『ボヘミアン・ラプソディ』の収益は除外されるという。「Sunday Times」は、映画の成功により各メンバーの収入が増え続け、今年はそれぞれの総資産に2500万ポンド(約26億円)が加わることになり、93歳のエリザベス女王とはケースが異なるからだと説明している。

エリザベス女王は1989年から1994年まで英国長者番付で首位を維持していたが、その後に資産額の計算条件が変更となり、王室の土地や芸術作品コレクションは資産から除外されている。

ブライアン・メイの総資産額は2018年の1億3500万ポンド(約194億円)から1億6000万ポンド(約230億円)に増え、ロジャー・テイラーは1億3000万ポンド(約187億円)から1億5500万ポンド(約223億円)に、ジョン・ディーコンは2006年以来の長者番付入りとなり、その資産は1億3000万ポンド(約187億円)になると報じられている。


2018年11月に公開されて以来、『ボヘミアン・ラプソディ』の世界興行収益は9億260万ドル(約1300億円)となり、アカデミー賞では主演男優賞を含む4部門に輝いた。

なお、クイーン+アダム・ランバートが2020年1月に来日することが決定している



クイーンの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

クイーン、保有する総資産額が「クイーン」を上回る - 『rockin'on』2019年6月号『rockin'on』2019年6月号
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする