ロバート・プラント、故ジョン・ボーナムの誕生日に向け写真とコメントをアップ。「とてつもない喪失感」

ロバート・プラント、故ジョン・ボーナムの誕生日に向け写真とコメントをアップ。「とてつもない喪失感」

レッド・ツェッペリンロバート・プラントが、故ジョン・ボーナムの誕生日(5月31日)に向け、彼を追悼する新たな写真をアップしたことが分かった。

プラントはジョン・ボーナムの彫像の前に佇む自身の写真を、下記のようなコメントを添えてInstagramに投稿していた。


「じきにまた彼の誕生日がやってくる……とてつもない喪失感だよ……。写真:Gil Richards」

ジョン・ボーナムの息子であるジェイソン・ボーナムが昨年「Billboard」に語ったところによれば、プラントはジョンの死による精神的ダメージが大きすぎて、2008年にレッド・ツェッペリンを再結成しツアーを行なうことを拒んだという。

「1度きりのショウのために6週間リハーサルしたんだから、もっと公演をやるべきだと思っていた」というジェイソンは、イングランドでプラントとサッカー観戦した際、再結成ツアーは実現しないことを悟ったと言い、次のように語ったということだ。

帰りに(プラントに)「思い切って聞くけど……バンドの再結成はある?」って言ったんだ。

そしたら彼は「俺は君の親父さんのことがあまりに好きすぎた。君を侮辱するつもりはないんだ。俺たちの誰よりも君の方がバンドの曲をよく知ってるし、今生きてるなかで君よりうまく演奏できるやつもいない。でもそれは同じではないんだ。俺はステージで偽ることはできない。ジュークボックスにはなれないんだ。そういう風にはできないんだよ」と答えたんだよ。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする