クイーン『オペラ座の夜』の全曲原盤を使用した舞台公演が決定! ブライアンからのコメントも

  • クイーン『オペラ座の夜』の全曲原盤を使用した舞台公演が決定! ブライアンからのコメントも -  photo by Terry O'Neill

    photo by Terry O'Neill

  • クイーン『オペラ座の夜』の全曲原盤を使用した舞台公演が決定! ブライアンからのコメントも
  • クイーン『オペラ座の夜』の全曲原盤を使用した舞台公演が決定! ブライアンからのコメントも -  photo by Terry O'Neill
  • クイーン『オペラ座の夜』の全曲原盤を使用した舞台公演が決定! ブライアンからのコメントも

クイーンの1975年にリリースされた『オペラ座の夜』の世界観を舞台化した『Q: A Night At The Kabuki』の公演が決定した。

本作品は、野田秀樹氏率いる演劇企画制作会社NODA・MAP、SME、SMPの主催で、クイーンから正式に許諾された公認作品として上演する。舞台では『オペラ座の夜』の全曲の原盤が使用され、「ロミオとジュリエット」の物語が描かれる。

ブライアン・メイは本公演について、以下のようなコメントを発表した。

この度は伝説的劇作家・演出家の野田秀樹さんがクイーンのアルバム『オペラ座の夜』の演劇性を本物の舞台演劇にして下さることになり、大変嬉しく、そして光栄に感じています。

日本との長きに渡る繋がりの中で、令和元年という新しい時代の幕開けに、演劇史に新たな1 ページを刻むとされる作品で、日本の文化に関わることができるのは喜ばしい限りです。


クイーン『オペラ座の夜』の全曲原盤を使用した舞台公演が決定! ブライアンからのコメントも

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする