ゆず、唯一の日本人として台湾の式典「第30回金曲奨」に特別出演。“栄光の架橋”を披露

ゆず、唯一の日本人として台湾の式典「第30回金曲奨」に特別出演。“栄光の架橋”を披露
ゆずが、6月29日(土)に台湾にて開催される「第30回金曲奨」に特別出演する。

「金曲奨」は、中華民国文化部影視及流行音楽産業局が主催する音楽賞で、「台湾のグラミー賞」とも言われている。金馬賞(台湾アカデミー賞)、金鐘賞(台湾エミー賞)と合わせた台湾3大賞のうちの1つで、30回目となる本年度は台北アリーナにて授賞式が開催される。この式典に、ゆずは唯一の日本人アーティストとして出演予定。

なお、ゆずが台湾でライブを行うのは、2017年以来2年ぶり。台湾で活動しているアーティスト・蔡旻佑のピアノ演奏とともに“栄光の架橋”を披露するとのこと。また、授賞式の模様は「金曲奨」のオフィシャルYouTubeチャンネルで生配信され、日本国内からでも視聴することができる。


【ゆず コメント】
歴史ある式典にご招待いただき、大変光栄です。台湾をはじめ、アジア圏の皆さんにゆずの音楽、日本の音楽を少しでも知ってもらえるよう、当日は精一杯パフォーマンスします。披露する楽曲のタイトル通り、アジアの「架橋」になるよう、心をこめて歌います。



公式SNSアカウントをフォローする
フォローする