ベル・アンド・セバスチャン、英映画サントラを9/13にリリース。新曲“Sister Buddha”のMVも公開

  • ベル・アンド・セバスチャン、英映画サントラを9/13にリリース。新曲“Sister Buddha”のMVも公開
  • ベル・アンド・セバスチャン、英映画サントラを9/13にリリース。新曲“Sister Buddha”のMVも公開
  • ベル・アンド・セバスチャン、英映画サントラを9/13にリリース。新曲“Sister Buddha”のMVも公開
  • ベル・アンド・セバスチャン、英映画サントラを9/13にリリース。新曲“Sister Buddha”のMVも公開

ベル・アンド・セバスチャンが、2020年公開予定(日本公開は未定)の映画『Days Of The Bagnold Summer(原題)』のオリジナル・サウンドトラックを9月13日(金)にリリースすることを発表した。

『Days Of The Bagnold Summer』は、英国アカデミー賞コメディ賞を受賞しているコメディ・ドラマ『The Inbetweeners(原題)』や映画『インビトゥウィーナーズ/思春期まっただ中(原題:The Inbetweeners Movie)』などで知られる英俳優/コメディアンのサイモン・バードによる初監督作品。ヘヴィメタルを愛する反抗期真っ盛りのティーンエイジャーの休暇の計画が直前に頓挫し、彼曰く「世界一ウザい人」である母親と一緒に夏を過ごさなければいけなくなったことから始まる物語になっているという。

https://youtu.be/6F-GrCJJCc0

ベル・アンド・セバスチャンによるサントラには新曲11曲が収録されているほか、『天使のため息(原題:If You’re Feeling Sinister)』(1996年)に収録されている“Get Me Away From Here I'm Dying”と、EP『This Is Just a Modern Rock Song』(1998年)から“I Know Where The Summer Goes”の再録音バージョンが収められているとのこと。

また、同サントラより新曲“Sister Buddha”のミュージック・ビデオも公開された。


公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする