ジョシュ・オム率いるデザート・セッションズ、16年ぶりとなる新ALを10月に発売。ロイヤル・ブラッドのメンバーらが参加

ジョシュ・オム率いるデザート・セッションズ、16年ぶりとなる新ALを10月に発売。ロイヤル・ブラッドのメンバーらが参加

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのフロントマン=ジョシュ・オム率いるコラボ・プロジェクト、デザート・セッションズがニュー・アルバム『Vols. 11 & 12』を10月25日(金)にリリースすることを発表した。

デザート・セッションズは、1997年にジョシュ・オムとその友人達が日常の喧騒や快適さから自らを切り離すために、米カリフォルニア州ジョシュア・ツリーを訪れたことから始まったとのこと。

友人同士の気軽な作曲やレコーディング・セッションとして始まったデザート・セッションズは、過去20年以上にわたり12作品を発表。過去にはPJハーヴェイマーク・ラネガンガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマーであるジョシュ・フリーズらが参加してきたそうだ。

約16年ぶりとなるアルバム『Vols. 11 & 12』は、2018年12月にジョシュとコラボレーターたちがジョシュア・ツリーにて6日間でその大部分を録音したとのことだ。

『Vols. 11 & 12』の参加アーティストは以下。

ビリー・F・ギボンズ(ZZトップ)
ステラ・モズガワウォーペイント
ジェイク・シアーズシザー・シスターズ
マイク・カーロイヤル・ブラッド
カーラ・アザールオートラックスジャック・ホワイト
レス・クレイプール(プライマス)
マット・スウィーニー(チャベス)
マット・ベリー(海外ドラマ『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』『Toast of London』)など

また、フー・ファイターズノー・ダウトなどのミュージック・ビデオを手掛けたリアム・リンチとジョシュによる同アルバムの告知動画も公開されている。

https://youtu.be/MWmIOQLf5Ek

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする