グリーン・デイのビリー・ジョーが「難しくてライブで演奏しない曲」とは? ファンからの質問に答える

グリーン・デイのビリー・ジョーが「難しくてライブで演奏しない曲」とは? ファンからの質問に答える

2020年2月7日(金)にニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』をリリースするグリーン・デイだが、フロントマンのビリー・ジョー・アームストロングがバンドで演奏するのには難しい曲を明かしていたことがわかった。

Alternative Press」によると、ビリーは自身のInstagramにミュージシャン2人がグリーン・デイの“Macy's Day Parade”をカバーしている動画を投稿、そのコメント欄でファンの質問を受けていたという。

“Macy's Day Parade”をカバーした動画は以下リンクより見ることができる。
https://www.instagram.com/p/B6bv8SgF6RV/

その中で、ファンの一人がビリーに「どうして“Panic Song”をライブで演奏しないの?」と尋ねたところ、ビリーは「難しすぎるんだ。俺は怠け者なんだよ」と答えていたそうだ。


その他にも、グリーン・デイはInstagramにファンがバンドの曲をカバーする動画をいくつか投稿しており、それらの動画は「ALTPRESS」の記事にて確認することができる。

なお、先日グリーン・デイはパンク・バンドのライブを企画して損害賠償を請求されていた少年に助けの手を差し伸べ、 約22万円を寄付していたことが報じられていた

また、バンドは2020年3月に8年ぶりとなる来日公演を開催する予定だ。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする