キュウソネコカミが結成10周年&ねずみ年に最新AL『ハリネズミズム』で宣言した“冷めない夢”を追い続ける覚悟とは?

  • キュウソネコカミが結成10周年&ねずみ年に最新AL『ハリネズミズム』で宣言した“冷めない夢”を追い続ける覚悟とは? - 『ハリネズミズム』1月29日発売

    『ハリネズミズム』1月29日発売

  • キュウソネコカミが結成10周年&ねずみ年に最新AL『ハリネズミズム』で宣言した“冷めない夢”を追い続ける覚悟とは?
  • キュウソネコカミが結成10周年&ねずみ年に最新AL『ハリネズミズム』で宣言した“冷めない夢”を追い続ける覚悟とは? - 『ハリネズミズム』1月29日発売
  • キュウソネコカミが結成10周年&ねずみ年に最新AL『ハリネズミズム』で宣言した“冷めない夢”を追い続ける覚悟とは?
度重なる音源リリースに加え、フェスに全国ツアーにと、ロックシーンを目下怒濤の勢いで突き進むキュウソネコカミ。今年はバンド結成10周年の記念すべき年であると共に、十二支上では新たな運気のサイクルと繁栄の意味を秘めるねずみ年にあたる。そんな彼らにとってダブルメモリアルイヤーとなる2020年に繰り出される始まりの一手こそ、自身4枚目となるミニアルバム『ハリネズミズム』である。

これまでも現代社会の在り方や人間模様、果ては性格や食材に至るまで多種多様な物事を歌詞におこし、ダンサブルなサウンドに昇華してきたキュウソ。今作も例に漏れず、某インスタント食品の特徴を端的に表現した“華麗なる飯”、通信制限のストレスがWi-Fiによって緩和される“戯我浪費”(読み:ギガロウヒ)を初めとする鋭い着眼点で口角が上がる楽曲や、西宮愛を高らかに叫ぶ“Welcome to 西宮”、大合唱必至のライブアンセム“あいつホンマ”、2011年発売の1stデモに収録されたレア曲“適当には生きていけない”といった千変万化の引き出しで、聴き手を圧倒する工夫が凝らされている。


そんななか、今作において一際目を引くのは、直情的に自身の本心とバンド特有の葛藤について記した歌詞だ。前述の通り、ある種穿った視点で世間に斬り込む痛快な歌詞は、活動当初より彼らのオリジナリティのひとつとして広く認知されてきた。けれども、それらと同程度とは言わないまでも、ファニーな側面を廃して心に宿る真意を赤裸々に吐露する楽曲をキュウソはしばしば生み出してきた印象を受ける。そして、そうした等身大の楽曲群は、今ライブの定番曲としても固定化しつつある“わかってんだよ”然り、“The band”然り、かねてよりのファンのみならず、フェスなどで初めて彼らを観た人をも引き込む、キュウソの更なるストロングポイントとして浸透している。

共感を誘う歌詞と独自性の高いパフォーマンスでリスナーを魅了し、フェスにおいてはメインステージを任されることも増えたキュウソ。……ことパブリックイメージのみで判断するならば、彼らは至って順風満帆なバンド人生を歩んでいるようにも見えるかもしれない。

だが、かつて『人生はまだまだ続く』、『にゅ~うぇいぶ』と題されたアルバムを世に送り出したことからも分かる通り、キュウソは名実共にメジャーなバンドへと登り詰めた今もなお、彼方に存在するであろう果てなき野望を見据えている。

そんな彼らによる現在の揺るぎない思いが顕著に現れているのが、アルバムのラストを飾るリード曲“冷めない夢”である。

《どうなるかわからない 叶うかもわからない 大きな夢を 冷めない夢を/どうなるかわからない 叶うかもわからない 理想の人生を 冷めない夢を/追え》

“冷めない夢”で歌われるのは、現状に決して妥協することなく険しい旅路を突き進む、確固たる信念を携えた決意表明だ。ふとしたはずみで瓦解しかねない鬱屈した感情を押し殺し、不撓不屈の精神で放たれるヤマサキセイヤ(Vo・G)の絶唱は、実在するハリネズミが持つ針のごとき鋭さでもって聴覚的に飛び掛かり、強く心を突き動かす。総じて、サウンドや歌詞といったあらゆる面でキュウソの確かな成長を体現する『ハリネズミズム』は、従来のポップなネズミの姿から獣性的なハリネズミへと変貌を遂げたジャケットと同様、彼らをネクストステージへと押し上げる決定的な一枚となるに違いない。

3月には自身初となるアメリカツアーを敢行し、4月以降は今作を携えての史上最長となる47都道府県全62公演に及ぶ大規模な対バンツアーに打って出るキュウソ。繰り返すが、今年はキュウソネコカミ結成10周年イヤー+ねずみ年という一種の祝祭とも言えるダブルメモリアルイヤー。きっと彼らは『ハリネズミズム』に端を発するロケットスタートそのままの勢力で、年の暮れまでノンストップで駆け抜けることだろう。持ち前の魅力を平行進化させ、格段にパワーアップした勇敢なる5匹のネズミによる今年1年の活躍を、一瞬たりとも見逃してはならない。(キタガワ)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする