King Gnu、新曲“泡”が映画『太陽は動かない』主題歌に決定。予告編で楽曲を一部解禁

  • King Gnu、新曲“泡”が映画『太陽は動かない』主題歌に決定。予告編で楽曲を一部解禁
  • King Gnu、新曲“泡”が映画『太陽は動かない』主題歌に決定。予告編で楽曲を一部解禁 - ©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会

    ©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会

  • King Gnu、新曲“泡”が映画『太陽は動かない』主題歌に決定。予告編で楽曲を一部解禁 - ©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会

    ©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会

  • King Gnu、新曲“泡”が映画『太陽は動かない』主題歌に決定。予告編で楽曲を一部解禁
  • King Gnu、新曲“泡”が映画『太陽は動かない』主題歌に決定。予告編で楽曲を一部解禁 - ©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会
  • King Gnu、新曲“泡”が映画『太陽は動かない』主題歌に決定。予告編で楽曲を一部解禁 - ©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会

King Gnuの新曲“泡”(読み:あぶく)が、5月15日(金)全国公開の映画『太陽は動かない』の主題歌に決定した。本日最新の予告編映像が公開され、楽曲の一部が初披露されている。

予告編映像はこちら。

同映画は、吉田修一のサスペンス小説『太陽は動かない』を 『海猿』シリーズ、『暗殺教室』シリーズなどを手掛けてきた監督・羽住英一郎によって映画化したもの。主演は藤原竜也、共演は竹内涼真が務め、心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという極限まで追い詰められた秘密組織のエージェントを演じる。

主題歌“泡”は、常に死と隣り合わせの登場人物の心情に寄り添い、映像と見事にマッチしているという。

なお、楽曲の元となった音源はKing Gnuの前身バンドSrv.Vinciの時代に誕生していたが、今回の主題歌を機会に作品として新たに昇華し、タイトルも新たに“泡”として完成に至った。


【King Gnu 常田大希 コメント】
生まれや育ちは選べない

皆それぞれ与えられた運命に

翻弄されながら足掻き抗い生きている



この映画の世界や人々は

果たして我々と無関係なのだろうか



運命の不条理さと

それでも生きることの尊さを

再確認できました



泡のような

儚いこの世界に乾杯



公式SNSアカウントをフォローする
フォローする