レディオヘッドのトム・ヨークがキュレートするラジオ番組が誕生。新デジタルラジオ・サービス「Sonos Radio」より放送!

レディオヘッドのトム・ヨークがキュレートするラジオ番組が誕生。新デジタルラジオ・サービス「Sonos Radio」より放送!

現地時間4月21日よりスタートした新デジタルラジオ・サービス「Sanos Radio」で、レディオヘッドトム・ヨークがキュレーターを務める番組が誕生したことが明らかとなった。

Consequence of Sound」によると、米家電メーカー「Sonos」が新デジタルラジオ・サービス「Sonos Radio」を開始し、そこでトム・ヨークがキュレーターを務める24時間放送の番組『In the Absence of Thereof』がスタートしたという。

「Sonos Radio」ではトムのほか、デヴィッド・バーンジャック・ホワイトがもつレーベルのサード・マン・レコーズ、フィービー・ブリジャーズ、ブリタニー・ハワードらがキュレーターを務める番組もあるという。

『In the Absence of Thereof』について、トムは次のように説明している。

俺を魅了して心を動かし、悩ませたり挑戦したくなったり、新しい扉を開いてくれたり、忘れかけていたことを思い出させてくれたり、信じられないぐらい複雑かつエレガント、シンプルで暴力的、そして乱雑で重く、かつ軽やかな曲を紹介する。基本的に俺がパンチを食らったトラックなら何でもね。新しい曲や古い曲、再び発掘した曲もある


使用料無料の「Sonos Radio」は、4月21日よりアメリカとカナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリアでサービスがスタート。音楽番組のほかに、スポーツや地元のニュースを放送する番組もあるそうだ。

また、レディオヘッドは新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 拡大の影響で外出自粛を余儀なくされている世界中のファンのために、バンドが特に気に入っているライブ映像を順次YouTubeで公開している。


公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする