キッスのジーン・シモンズ、エディ・ヴァン・ヘイレンの車に乗って超怖い思いをしたエピソードを披露

キッスのジーン・シモンズ、エディ・ヴァン・ヘイレンの車に乗って超怖い思いをしたエピソードを披露

キッスのジーン・シモンズが、過去にエディ・ヴァン・ヘイレンの車に乗せてもらったときに、かなり怖い思いをしたエピソードを披露している。

Blabbermouth」によると、ポッドキャスト番組『The Dennis Miller Option』に出演したジーンが、1980年代半ばにメタリカのライブのバック・ステージで、エディと遭遇した時の想い出を振り返った。

当時、注目を集め話題になり始めていたメタリカをチェックするために、ジーンはカリフォルニア州ロング・ビーチ・アリーナへ足を運び、その場にいたエディと一緒にステージに上がってキッスの曲“Cold Gin”を演奏したという。

ライブ後にエディに挨拶したジーンがロサンゼルスへ戻ると伝えると、エディに一緒に出掛けようと誘われたため、自分のリムジンの運転手を帰らせてエディのジープに乗り込んで同行することに。

しかしエディの車は、1970~80年代にかけて放送された戦争コメディ・ドラマ『マッシュ』に登場するヘリコプターのように、シートベルトは付いていたがドアがなかったとのこと。さらにエディはタバコをふかしながら、時速160キロものスピードでフリーウェイをブッ飛ばし、ジーンは必死で車にしがみついていたと明かしている。

ジーンは恐れを抱かない男であるかのように振舞っていたが、死ぬほど怖くてエディにスピード落とすように言うと、エディが「なんで? 何て答えていいのかわからないよ」と切り返されたそうだ。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


キッスのジーン・シモンズ、エディ・ヴァン・ヘイレンの車に乗って超怖い思いをしたエピソードを披露 - 『rockin'on』2020年11月号『rockin'on』2020年11月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする