すべての謎の答え合わせは3月19日に! ラナ・デル・レイ、意味深タイトルが並ぶニュー・アルバムに期待

すべての謎の答え合わせは3月19日に! ラナ・デル・レイ、意味深タイトルが並ぶニュー・アルバムに期待 - 『rockin'on』2021年3月号より『rockin'on』2021年3月号より

ラナ・デル・レイ is back! 来たる3月19日、ラナ・デル・レイの待望のニュー・アルバムがリリースされる。2019年の『ノーマン・ファッキング・ロックウェル!』(大傑作!)以来、約1年半ぶりとなる新作で、題名は『ケムトレイルズ・オーヴァー・ザ・カントリー・クラブ』。ちなみに「ケムトレイル」とは「飛行機雲のように見えるけど、実は航空機から散布された有害な化学物質の痕跡」のこと――パッと見には美しく晴れた青空のようで、よくよく見ると最高に危険度マックスで、見事に「LDRワールド全開!」なタイトルである。

今作のプロデューサーは前作『ノーマン・ファッキング・ロックウェル!』からの続投で、近年はテイラー・スウィフトとのコラボでもおなじみのジャック・アントノフ。この原稿を書いている時点では、残念ながら先行シングル以外の音源の確認はできていないのだけど、“ブレイキング・アップ・スローリー”(訳:ゆっくりと別れていく)、“ノット・オール・フー・ワンダー・アー・ロスト”(訳:放浪中の人がすべて道に迷っているわけではない)などなど、いかにも彼女らしく意味深なタイトルが並んだ全11曲のトラックリストは、眺めているだけでも期待が無限大に膨らんでくること間違いなしだ。

ここ最近のLDRは60~70年代の偉大なシンガー・ソングライターからの影響を事あるごとに仄めかしているけど、今回の最終曲“フォー・フリー”はなんとジョニ・ミッチェルが70年に発表した名曲のカバー! 裕福な女性シンガーがリムジンで移動中、無償で美しいメロディを奏でるストリート・ミュージシャンの演奏に心を打たれる……という歌詞は、富と名声と「自由な魂」の寓話にして、2021年の世界へのメッセージにも思えるけど、一体どんな新解釈のカバーになっているのだろう? また、8曲目の“ヨセミテ”は、もともと2017年に発表したアルバム『ラスト・フォー・ライフ』用にレコーディングされながら、当時は「ハッピーすぎるから」という、これまたLDRらしいメランコリックな理由でお蔵入りとなったナンバー。それがついに解禁されるとは、一体なにが起こっているのか? すべての謎の答え合わせは3月19日に!(内瀬戸久司)



ラナ・デル・レイの記事は、『ロッキング・オン』最新号に掲載中です。ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


すべての謎の答え合わせは3月19日に! ラナ・デル・レイ、意味深タイトルが並ぶニュー・アルバムに期待 - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする