プリティー・レックレス、新作『デス・バイ・ロックンロール』を語る! クリス・コーネルらかけがえのない存在の相次ぐ死。どん底にいた彼らは、痛みをどうロックにぶつけたのか?

プリティー・レックレス、新作『デス・バイ・ロックンロール』を語る! クリス・コーネルらかけがえのない存在の相次ぐ死。どん底にいた彼らは、痛みをどうロックにぶつけたのか?  - 『rockin'on』2021年5月号より『rockin'on』2021年5月号より

「あれだけ心の痛みを感じた後に、スタジオでまたみんなで音を鳴らすことができたというのはやっと一巡りすることができたとわかる美しい瞬間だった。それまでのすべての困難を乗り越えて愛の力、友情の力、音楽の力をわからせてくれる曲になった」


紅一点のテイラー・モムセン率いるプリティー・レックレス。モダン・ロックとブルース・ロックやハード・ロックを絶妙な匙加減で鳴らしてきたが、5年ぶりの新作『デス・バイ・ロックンロール』は、圧倒的な迫力とサウンドでたたみかけてくる内容となっている。

楽曲、パフォーマンス、サウンドと間違いなくバンドの代表作となるだろうが、実際にはバンドの後ろ盾となってきたプロデューサーのケイトー・カンドゥワラがバイク事故で2018年に他界し、その困難を乗り越えるという重いミッションに向き合う作品となった。

それにしては、あまりにも自信に満ちた内容の傑作として出来上がっているが、どうやってそんな境地に至ったのか、テイラーに訊いた。(高見展)



プリティー・レックレスのインタビューは、現在発売中の『ロッキング・オン』5月号に掲載中です。最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


プリティー・レックレス、新作『デス・バイ・ロックンロール』を語る! クリス・コーネルらかけがえのない存在の相次ぐ死。どん底にいた彼らは、痛みをどうロックにぶつけたのか?  - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする