絶賛発売中のロッキング・オン3月号、巻頭特集連動企画「2021、ロックの現在地を鳴らせ!」――シーンの最前線で起こりつつあるロックの「今」を徹底解明。大ブレイク中の新世代アーティスト35組を徹底レビュー!

絶賛発売中のロッキング・オン3月号、巻頭特集連動企画「2021、ロックの現在地を鳴らせ!」――シーンの最前線で起こりつつあるロックの「今」を徹底解明。大ブレイク中の新世代アーティスト35組を徹底レビュー! - 2021年3月号2021年3月号

今、確信犯的にロックを鳴らす新世代たちが恐るべき勢いで現れている。世界のカオスが深まるばかりだからこそ、アーティストとしての表現衝動が激しくバーストしているに違いない。

ポスト・パンクやエモ、ラウド、サイケデリック、あるいはヒップホップやエレクトロ――原点とするスタイルは何でもありだが、ロック本来の強靭なグルーヴやエナジーは見事に共振し合う。2020年代の「ロックの現在地」を鳴らす注目の35組に一挙フォーカス!


連動企画「2021、ロックの現在地を鳴らせ!」では以下のアーティストを掲載しています(順序不同)

フォンテインズD.C、ザ・レモン・ツイッグス、タッシュ・サルタナ、ブラック・カントリー・ニュー・ロード、ナッシング・バット・シーヴス、スタークローラー、フィーバー333、ブラック・ミディシェイム、スポーツ・チーム、ノヴァ・ツインズ、ビーバドゥービー

インヘイラー、バザード・バザード・バザード、キング・ヌン、ワーキング・メンズ・クラブ、プリティー・レックレス、ヘイリー・ウィリアムス、ヴァイアグラ・ボーイズ、ヤングブラッドウルフ・アリスグレタ・ヴァン・フリート、マシン・ガン・ケリー、ペール・ウェーヴス

ビリー・ノーメイツ、ポリッジ・レディオ、ミツキザ・ストラッツ、アイドルズ、ドミニク・ファイク、ローリング・ブラックアウツ・コースタル・フィーヴァー、シアー・マグ、クリーパー、ディーエムエーズ、ケニー・フープラ



デイヴ・グロールが表紙の『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


絶賛発売中のロッキング・オン3月号、巻頭特集連動企画「2021、ロックの現在地を鳴らせ!」――シーンの最前線で起こりつつあるロックの「今」を徹底解明。大ブレイク中の新世代アーティスト35組を徹底レビュー! - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする