デイヴ・グロール、ニルヴァーナ『Nevermind』のドラムは往年のディスコ・バンドの模倣だと明かす

デイヴ・グロール、ニルヴァーナ『Nevermind』のドラムは往年のディスコ・バンドの模倣だと明かす

デイヴ・グロールが、ニルヴァーナのアルバム『Nevermind』のドラムはザ・ギャップ・バンドやシックをはじめとする往年のディスコ・バンドの模倣だと明かしている。

Consequence Of Sound」によると、米配信サービスParamount+でストリーミング中のドキュメンタリー番組『From Cradle to Stage(原題)』で、デイヴがファレル・ウィリアムスと対談。「自分は極めて基本的なドラマー」だとコメントしたデイヴが、“Smells Like Teen Spirit”をはじめとする『Nevermind』のドラムが、どこからインスピレーションを受けているかを明かした。

「ニルヴァーナのアルバム『Nevermind』を聴くと、どの曲でも俺がザ・ギャップ・バンドやカメオ、(シックの)トニー・トンプソンなんかから多くをパクったのがわかる。それは全部……昔ながらのディスコなんだよ!」


番組では、そうデイヴが発言した後にミュージックビデオ“Smells Like Teen Spirit”のドラム・パートが流れ、続けてザ・ギャップ・バンドによる1982年の曲“You Dropped a Bomb on Me”の一部がかかり、ファレルが「ワーオ!」と言いながら驚いていた。その映像は下の動画で観ることができる。


続けてデイヴはバーベキューでトニー・トンプソンと同席したときに、大きな影響を受けたことを本人に直接伝えたとも述べていた。

「俺が『あなたには感謝しています。僕はあなたに大きな借りがあって。ずっとパクらせてもらいましたから』って言ったら、彼が『知ってるよ』と答えてたよ」




ロッキング・オン最新号は7/7発売です。ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。【予約購入できます】

デイヴ・グロール、ニルヴァーナ『Nevermind』のドラムは往年のディスコ・バンドの模倣だと明かす - 『rockin'on』2021年8月号『rockin'on』2021年8月号

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする