ジーン・シモンズ、キッスの新ドキュメンタリー出演を拒否したエース・フレーリーとピーター・クリスについて、「悪い選択をし続けている」

ジーン・シモンズ、キッスの新ドキュメンタリー出演を拒否したエース・フレーリーとピーター・クリスについて、「悪い選択をし続けている」

ジーン・シモンズが、キッスの新ドキュメンタリー『Biography: KISStory』への出演を拒否した元ギタリストのエース・フレーリーと元ドラマーだったピーター・クリスについて、「悪い選択をし続けている」と語っている。

Blabbermouth」によると、YouTubeの番組『Talking Wax With Adika Live!』に出演したジーンが、『Biography: KISStory』にエースとピーターが関与していないことに言及した。

「バンドの初期にエースとピーターは、俺たちにとって最高の存在だった。だが、彼らは人生においてマズい選択をし続けている。健康のこととか、何を体に摂取するとかだけじゃなく、キャリアの選択においても本当に悪い選択をし続けているんだ。

例えば、トライベッカ映画祭で目玉となったこのドキュメンタリーについても、もちろん、俺たちは躊躇することなくエースとピーターに連絡した。『おい、このドキュメンタリーに参加してくれよ。君たちはバンドの誕生に一役買ったんだ。その点に疑いはないんだから』ってね。

だが、彼らは拒否した。エースは、『俺はこうしたい、ああしたい。編集権が欲しい』とか色々要求してきたが、それはまったく無理な話だった。俺にはそういう権利はなかったし、欲しくもなかった。ただ俺は思い切ったことをして、ドキュメンタリーを仕上げたかっただけなんだ。だから、ほとんど彼らは映画に姿を見せていないよ」


先月にはフロントマンのポール・スタンレーも、 SiriusXMの番組『Ozzy's Boneyard』に出演した際、エースとピーターにドキュメンタリーに出演してほしいと連絡を取ったが無理だったと明かしていた。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ジーン・シモンズ、キッスの新ドキュメンタリー出演を拒否したエース・フレーリーとピーター・クリスについて、「悪い選択をし続けている」 - 『rockin'on』2021年8月号『rockin'on』2021年8月号

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする