リンゴ・スター、ビートルズ時代の希少なプライヴェート写真をすべてなくしたと語る

リンゴ・スター、ビートルズ時代の希少なプライヴェート写真をすべてなくしたと語る - リンゴ・スター『ワイ・ノット』リンゴ・スター『ワイ・ノット』

元ザ・ビートルズのリンゴ・スターはカメラ好きとしても有名で、60年代には映画『ヘルプ!』の撮影現場やアメリカでの『エド・サリヴァン・ショー』での現場など、あまりにも歴史的な現場の数々でカメラで好きなように写真を撮っていたことで知られているのだが、なんとそうした写真をすべてなくしてしまったとか。

「どこにいったのかわかんないんだよね」とリンゴは『ローリング・ストーン』誌に語っている。「本当にわかりたいんだけどね。何度か引っ越しをしてるからさ、こういうこともあるんだよね」

ただ、リンゴは自分とビートルズの3人とのポストカードでのやりとりをそのまま本にした『Postcards from the Boys』の題材となったポストカードも、行方がわからなくなっていたのが突然出てきたものだったことを次のように明かしている。

「棚の上に段ボール箱があって、『あれ、なんだ?』と思って中を見てみると、ポストカードだらけだったんだよ。その頃もちょうど引っ越しをやってて、その時秘書をやってもらってた人と一緒に全部封筒に入れて整理して靴箱に保管しておこうって決めて、それでポストカードはしっかり保存してあるって自分でもわかるようになったんだよ。だから、そのうちぼくの写真が入った段ボールがまたごそっと出てくるかもしれないね」
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする