ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが20年ぶりにテレビ出演でインタヴューに答える

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが20年ぶりにテレビ出演でインタヴューに答える

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが20年ぶりに、テレビに出演してインタヴューに答えた。

アクセルは10月26日にアメリカの深夜トーク・ショー『ジミー・キメル・ライヴ!』に出演し、今月末からラスヴェガスで予定している12日間公演の宣伝を行った。

アクセルは終始上機嫌だったが、キメルとのトークでバンド駆け出しの頃の話題を振られることには乗り気ではなく、「こちらのスタジオはあなたたちがかつてリハーサル・ルームに使っていた場所から数分のところにあるわけですけど。通りがかったりすると昔の頃のことを思い出したりするものなんですか」と訊かれ、「しばらく思い出してないね」と交わした。

そこでキメルが「そもそもあの頃のことを思い出したりすることはあるんですか」と突っ込むとぶっきらぼうに「残念ながらあるね」とだけ認めた。

また、ライヴの開演時間が予定より遅れるというアクセルの悪癖について話が及ぶとアクセルはこの番組出演に間に合ったことは「奇跡だよ」と語った。さらにトークの終盤でキメルが作家オスカー・ワイルドからの引用で「時間の正確さとは時間の泥棒である」という文句が額縁にしてアクセルの自宅にかかってある写真を見せるとアクセルは笑い出し、「これでも俺たちはずいぶんよくなってきた方なんだよ」と応えた。

ガンズは10月31日からラスヴェガスで「アペタイト・フォー・デモクラシー」と冠された12日間公演を予定している。

ジミー・キメルとのトークはこちらから→
http://www.youtube.com/user/JimmyKimmelLive?feature=watch

(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする