ノエル・ギャラガー、デヴィッド・ベッカムの次のキャリアはソングライティングだと冗談を飛ばす

ノエル・ギャラガー、デヴィッド・ベッカムの次のキャリアはソングライティングだと冗談を飛ばす


今シーズン限りでの引退を突如表明した元イギリス代表のサッカー選手デヴィッド・ベッカムだが、ノエル・ギャラガーは今後はソングライティングにいそしむべきだと冗談で語っている。

マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードなど名門クラブを渡り歩いてきたベッカムだが、現在籍を置いているパリ・サンジェルマンFCとの契約延長を断ったことを明らかにして今季限りの引退を明らかにした。パリ・サンジェルマンは今季19年ぶりのフランスのリーグ・アン優勝を確定させている。

5月16日にアイヴァー・ノヴェロ賞授賞式に出席したノエルは会場でITVテレビにベッカムの次にやるべきことを問われ、「ソングライティングじゃね?」と答えている。その後、次のように語っている。

「世界のサッカー界でも象徴的なクラブで活躍して素晴らしいキャリアを築いてきたわけだからね。いずれマネジメントにも手を出すのかもしれないけど、とりあえず(マンチェスター・)シティだけはやめてほしいな」

もともとシティの大ファンであるノエルは、マンチェスター・ユナイテッドのスター選手であったベッカムが大嫌いだったが、その後親交を温めることとなったと次のように説明している。

「ユナイテッドにいた頃は大っ嫌いだったよ。憎んでたね。とにかく嫌いだった。憎悪そのものだよ。それがユナイテッドを辞めた後で幸い会えることになって、そうしたら本当にいいやつで、しかもサッカー選手としてはずば抜けてるわけだしさ」

ノエルは今年のアイヴァー・ノヴェロ賞でザ・マッカビーズ、アルト・ジェイらとともに賞を受賞したが、ノエルは傑出した作品集賞を受賞し、キンクスのレイ・デイヴィスから賞を授かることになった。受賞スピーチでノエルは自分の作品の権利を管理しているソニーに感謝の意を述べ、「20年の付き合いがあるんだけど、実は今さっきこの会場で初めて担当者に会ったんだ」と語り、会場の爆笑を呼んだ。さらに今回の賞は、かつて自分が作曲しているところなど見たこともないと語った自身の妻に捧げると語り、「この賞は、俺が本当に曲を書いてるんだという証拠なんだよ」と説明した。

今年のアイヴァー・ノヴェロ賞受賞者は以下の通り:
Best Contemporary Song
'Pelican' - Written by The Maccabees

PRS for Music Most Performed Work
'Next to Me' - Written by Hugo Chegwin, Harry Craze, Anup Paul and Emeli Sande

Best Television Soundtrack
'Lucian Freud: Painted Life' - Composed by John Harle

Inspiration Award
Marc Almond

Album Award
'An Awesome Wave' - Written by Alt-J

Classical Music Award
Errollyn Wallen

PRS for Music Award for Outstanding Achievement
Justin Hayward

Best Original Film Score
'Anna Karenina' - Composed by Dario Marianelli

Best Song Musically and Lyrically
'Next to Me' - Written by Hugo Chegwin, Harry Craze, Anup Paul and Emeli Sandé

International Achievement
Gavin Rossdale

Songwriter of the Year
Calvin Harris

Outstanding Song Collection
Noel Gallagher

PRS for Music Special International Award
Randy Newman

(c) NME.COM / IPC Media 2013
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする