ビーディ・アイのリアム・ギャラガー、音楽の神様が望めばオアシスの再結成もありうると語る

ビーディ・アイのリアム・ギャラガー、音楽の神様が望めばオアシスの再結成もありうると語る

6月28日にグラストンベリー・フェスティヴァルにサプライズ出演を果たしたビーディ・アイのリアム・ギャラガーだが、出演後にオアシス再結成について次のように答えたとギグワイズが伝えている。

「俺とうちの兄貴は話をしないからさ。ゲムやほかの連中はあいつと話をしてるけど。ヒッピーを気取って言ってるわけじゃないけど、そういうことは起こるべき時に起きるもんなんだよ。音楽の神様たちがそうしたいっていうのならね」

「どこでやることになっても、デカい話にはなるよな。でも、デカくなきゃいけないって話じゃないし。こぢんまりとやるかもしれないし。とにかく、やるとなったら、みっちり準備してやることになるよ」

なお、ビーディ・アイは午前11時出演となったが、ライヴを楽しんでいる様子で、オアシスの"ロックンロール・スター"を披露する前には観客に向かって「『今夜は俺はロックンロール・スターだ』って、今はまだ朝の11時半だぜ!」と叫んでみせた。

リアムはセットを"ブリング・ザ・ライト"で終えると「みんな頭痛くなったと思うけど、最高のリアクションをありがとう。でも、俺たちほど最高じゃなかったぜ」とリアムらしく観客をねぎらってからステージを降りた。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする