最近、「これは新しい」とほんとに感じるサウンドやアーティストに出会ってないなーという人には、MURA MASAを聴いてみてほしい

最近、「これは新しい」とほんとに感じるサウンドやアーティストに出会ってないなーという人には、MURA MASAを聴いてみてほしい
聴きました?名前だけでも相当気になるMURA MASAのデビュー・アルバム。これは……所謂、「最終兵器」と言えよう。



この新しさは凄い。



いやまあ、昨年のフジロックですでに来日済みなので知っている人も多いだろうしこれまでにすでに多くの楽曲を発表済み。しかし改めて、本日リリースされたデビュー・アルバム『ムラ・マサ』を聴いて、この新しさは凄いと思った。

昨今のAOR再評価の波とかベース・ミュージックやトラップのメインストリームでの爆発の仕方とか、あまりにもサイクルが早くて「新しさ」に対して正直麻痺しているリスナーも多いはず。

そんななかで「これは新しい!」と思わせる、凄い才能だと思う。

最近、「これは新しい」とほんとに感じるサウンドやアーティストに出会ってないなーという人には、MURA MASAを聴いてみてほしい

誤解のないように言っておくと、このご時世、既成概念を打ち破るような新しいサウンドはそうそう出てこないわけで、そういう意味でサウンドのひとつひとつが斬新とか新しいジャンルであるということではない。

だけど、使い古されたスタイルと、最新鋭のスタイルをここまで見事に共存させ、鮮やかにアウトプットできる才能は久々に出会った。個人的にはジェイムス・ブレイク、ディスクロージャー以来かもしれない。どうですか? 来年1月5日(金)に初の単独来日公演も決定。


アルバムはこちらからも
https://muramasa.lnk.to/az0sJ
羽鳥麻美の「POP郊外散歩」の最新記事

最新ブログ

フォローする