OLDCODEXにインタビュー。彼らの独自性の背景に迫りました

OLDCODEXにインタビュー。彼らの独自性の背景に迫りました
シングル『Heading to Over』をリリースするOLDCODEXに取材。
Ta_2(Vo)、YORKE.(Painter)とじっくり話をしました。
唯一無二のスタイルを貫いている彼らの足跡は、色眼鏡で見られることの連続だったそうです。
しかし、最近の彼らは、ラウドロックの愛好家からも支持される存在となっています。
OZZFESTやKNOTFESTに出演した際も刺激的なステージを繰り広げて、先日のLUNATIC FEST.でも大観衆の度胆を抜きました。
ピュアな表現衝動に対して忠実であり続けている彼らの姿を生々しく感じられるインタビューとなりましたので、rockinon.comの特集記事を読んでいただけると嬉しいです。

Ta_2が全力で歌声を響かせている横でYORKE.がキャンバスに向かい、様々な色彩に溢れた絵を描き上げていくライブは、最高にワクワクできるので、まだ未体験の人は絶対に観た方がいいです。
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018にも出演するので、ぜひ!
OLDCODEXの出演は8月5日16時20分からのBUZZ STAGEです。
サウンドとグラフィックがダイナミックに開花する様をお見逃しなく。(田中大)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする