榎本くるみ

榎本くるみ

榎本くるみのワンマンライヴ@duo MUSIC EXCHANGE。

一曲目がビリビリした緊張感のあるハードなロックチューンだったのでびっくりしたのだが、じっくり聴かせる曲あり、アップテンポな曲あり、過去の曲も新曲もありと、すごく多彩なバラエティに富んだライヴ。
「クルミラクル」というバックバンドと一緒だったこともあり、ソロ・アーティストなのにすごく「バンド感」があった。頼もしいバンドに支えられている、という安心感が、彼女の伸びやかな歌声やスケールの大きいバンドサウンドから伝わってきた。MCでも「自分の曲やお客さんや、いろんなものが近くに感じられるようになった」と言っていた。

最新のミニアルバム『あなたに伝えたい』に収められた楽曲のほとんどは、実は6年前にリリースする予定だったがお蔵入りしてしまったものだという。
だけど今夜聴いたその曲たちはどれも生き生きとしていて、凄く「今」の榎本くるみのパワーに溢れていた。

ライヴを見ていて何度も頭に浮かんだのは「道」という言葉。過去から今にいたるまで、彼女はずっと自分の「道」を探している。そして、その時々の断片が具現化したのが曲であり、その曲たちがパズルのピースみたいにぎゅっと集められ、ひとつの綺麗な絵として結実した。それが今夜のライヴだったと思う。とても充実した時間だった。

写真はJAPAN11月号での記事です。(福島)

最新ブログ

フォローする