ABSTRACT MASH、ワンマン大成功

ABSTRACT MASH、ワンマン大成功

4月1日から全国をまわってきた“Save the world“ツアー・ファイナル@SHIBUYA O-crest。
バンドとしては二度目、都内では初のワンマン。ソールドアウトの会場はお客さんでパンパンだ。

2月にはイベントで、同会場でライヴを観ていたのだが、もうその時とは全然違う風景が目の前に広がっていて驚いた。
3月にリリースしたアルバム『Inside the running subway』の楽曲が、これまでのツアーの集大成としてがっつりと打ち鳴らされていた。

性急さで押し流さない、どっしりと大きな輪を描く様なメロディは、本当にこのバンドの強い魅力。
今日そういう曲をライヴで目の当たりにしていたら、
だだっ広い大地に雄大に流れている、でも近寄ると勢いの激しいアマゾン河みたいな大河が頭に浮かんできた……
と終演後にメンバーに言ったら笑われたが、でもそれぐらい太くてダイナミックなグルーヴが渦巻いていた。

不安や孤独みたいなネガティヴな感情を描いても、それをせーので爆発させた時に、心の閉塞感に風穴を開けるようなポジティヴな音として鳴り響く。
前進する姿勢を見せ付ける彼等のロックは、すごく逞しくて眩しい。

こういう王道でスケール感のあるサウンドを目指すバンドはなかなかいないので、もっと多くの人に届いて欲しいし、もっと大きい会場で観てみたい。
とりあえず8月26日には代官山UNITで企画イベントがあると発表されたので、こちらも楽しみ。(福島)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする