藍坊主の現在地

藍坊主の現在地

来週10日、両A面シングル『あさやけのうた/すべては僕の中に、すべては心の中に』と、野音のライヴDVDが同時発売する藍坊主。 現在発売中のJAPANでも、インタヴューを行った。
集大成的アルバム『ミズカネ』をリリースし、日比谷野音を終え、実り多き10周年を迎えた藍坊主の次なる第一声ともいえるインタヴューになったと思う。
特に“あさやけのうた”はこれまでともまた違うスケール感と攻撃性の両面が炸裂する、『ミズカネ』の世界観を一曲に詰め込んだような藍坊主らしい濃厚な作品で、作曲者である藤森(B)も「今までで一番理想に近い」と手ごたえを感じていた。 これまではバンド内でリーダー的立場のつもりでやってきたけれど、実はいい曲を作ることが一番やるべきことなんじゃいか、と自覚し、ソングライティングへの欲求は高まる一方のようだ。
できた瞬間転げ回るような曲が作りたい、と言っていた。
一方、hozzyは、大好きだったクラゲを飼って、夜中にクラゲを見つめているのが幸せだ、と語っていた。

……好対照なふたり、面白い。

ページに入りきらなかったが、hozzy(Vo)と藤森との曲作りのベクトルがいつも逆だ、という話も面白かった。 現在、hozzyはどうやったら、理想の曲がでくるかいろいろ勉強して、音のこの響き方とか、メロとか、自分がこういいなと思うポイントを細かくやり、藤森は出てくるものをどんどんかたちにして曲をいっぱい作って、そのあとにメンバーがつめていっているそうだ。

hozzy「いつも、逆のモードに入ってる」
藤森「なんだろうね」
と不思議そうに笑いあっていた。 (井上)
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする