バナナマンに取材! 「この人に訊く!」にて

バナナマンに取材! 「この人に訊く!」にて

ROCKIN'ON JAPANの「JAPAN TIMES」内にある「この人に訊く!」のページ。
今月号は女優の成海璃子さんに自身のロック愛をおおいに語って頂いてますが、
11月30日発売号にはバナナマンのふたりが登場!
先日インタヴューしてきました。

TBSラジオの「バナナムーン」やポッドキャストで毎週腹をよじらせている身としては、
2人が語っている光景が目の前にあるだけで感無量なわけですが、
時に真面目に、時に笑いをドカドカ投下されながらのインタヴュー。面白かった。
毎日のようにテレビに姿を現すおふたりですが、その「お笑い芸人」としての核となる「コント」や「ライヴ」についてから、
音楽について、設楽さんが初主演を務める映画『裁判長! ここは懲役4年でどうすか』について、
そしてふたりにとってお互いはどんな存在なのか……などなど、多岐にわたって訊いてきました。

映画『裁判長! ここは懲役4年でどうすか』は11月6日から公開がスタートしてます。
設楽さん演じる三流ライターが裁判の傍聴にはまっていき、さまざまな人間模様に遭遇していく、裁判エンタテインメント。
「不謹慎でポップでタメになる!!」というキャッチコピーなんだけど、
私は裁判の傍聴に行ったことがないので、コメディとはいえ「裁判てこんななんだ…」などリアルな驚きが満載だった。
裁判所を舞台に、ぶっとんだ人物たちが繰り広げる人間模様は、
おかしいんだけど、これは笑っていいものか……というなんとも言えないところを絶妙につついてくる。
設楽さんは映画に出演するにあたって実際に傍聴しに行ったそうで、映画の様子は大げさじゃないとインタヴューで話していた。
もちろん日村さんも被告役で出てます。怪演!(福島)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする